クレジットカードの審査

クレジットカードの申し込みを新規でする場合には、必ず審査を受けなくてはなりません。クレジットカードの返済で問題を起こしたことがある人や、仕事をしていない人は審査は困難です。どこに申込みをしても、審査を通過することができないということもありえます。クレジットカード会社の審査に続けざまに断られたという時は、現段階では新しくクレジットカードは作れないと思っていいでしょう。クレジットカードの審査でチェックする項目とは、申込者の勤続年数や月々の収入、これまでのキャッシング関係の利用履歴などです。勤務先の確認も行うことが多く、実際にクレジット会社から勤め先に確認の電話が入ることも少なくありません。特にクレジットカードの審査で断られ易い人がいます。安定した収入がない状況にある人や、キャッシングの返済残高が相当な金額残っているという人です。これまで、カードローンやキャッシングの返済を滞らせたことがあったり、破産したことがある人は既にマークされているようなものです。そういう人は審査を通過できません。審査がうまくいかなかった時は、系列会社でクレジットカードを発行してもらうことは不可能です。ただし、別の会社のクレジットカードなら、審査にパスする可能性もあります。どうしてもクレジットカードを作成したい場合には、カード会社を変えて申請してみるのも1つの方法です。

クレジットカードの注意点

クレジットカードはとても便利な機能をたくさん持っています。お金を持ち歩かずとも、クレジットカードがあればショッピングを楽しむことができます。現金を用立てたいときは、クレジットカードでのキャッシングができます。分割払や翌月払いを活用することで、現時点でお金がないという場合でも、高い買い物などでも可能になります。しかし、無計画にクレジットカードを使っていると、カードの請求額が一気に増えることがあります。特に支払いをリボ払いにしている場合、月々の負担が少ないのでついつい利用金額が増えていく危険があります。クレジットカードを使ったキャッシングは手軽な分、返済額が増えていきやすい一面もあります。支払える範囲でのみクレジットカードを使うようにすることで、後々のトラブルを回避できるでしょう。クレジットカードとは、個人の信用に根ざすものです。返済に行きづまったことがあると、ブラックリストに名前が入ることがありますブラックリストに名前が入っていたために、ローンの審査に断られたり、新たなクレジットカードが作れなくなったりします。特に破産経験のある人や、クレジットカードの支払いを踏み倒したような経験のある人は、5年から7年の間ブラックリストから消えないと言われているので注意が必要です。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードを持つ人が増加していますが、申込みをするときには必ず審査があります。クレジットカード会社は、審査に通過人だけにカードを発行しています。クレジットカード会社の審査の基準は様々ですが、おおまかにいって3Cという分類で判断をしています。審査に使われる3Cとは、どんな内容なのでしょう。クレジットカードやローンの審査では、医師や弁護士など社会的な地位が高い人が評価がよいといいます。公務員などの安定した職業についている人や上場企業に勤務する社員なども含まれます。条件的には年収が高く、勤続年数が長く、家や不動産を所持している人です。反対に審査に通りにくいのはフリーターやバイトなどの非正社員です。安定した仕事のない自由業の人や肉体労働者、水商売の人なども敬遠されます。仕事の内容で貴賎を判断しているわけではなく、信用力が一定以上ある顧客に対してクレジットカードを発行したいと会社側は考えているわけです。3Cのうち、一つは資力、キャパシティです。安定した収入があり、長期に渡って返済を続けることができる人物かどうかを見極める必要があるためです。Characterが3Cのうちの二つ目のCです。金銭面に対しての考え方や、借りたお金をきちんと返す心積もりがある人であるかというものです。3Cのうち、三つめは資産、キャピタルです。不動産や貯蓄、自家用車など、資金を多く持っている人ほど返済力があると見なされます。クレジットカードの審査には、きちんとした審査基準があるのです。

クレジットカード審査のスコアリングシステム

クレジットカードの申込み時には必ず審査というものがあります。もしもクレジットカードが欲しいなら、審査をパスしなければなりません。多くの場合、クレジットカード会社は独自のスコアリングシステムを利用して、審査の結果を出しています。大抵の金融会社が行っているというスコアリングシステムはどんなものでしょう。スコアリングシステムとは、カードの申込み時の個人情報を数値化するものです。過去のクレジット利用歴、個人信用情報機関への照合で得た他のクレジットカード会社での支払い状況などの項目もあります。すべてコンピューターで自動計算され点数がつきます。アパートやマンションに住んでいると点数が低く、自分や家族の持っている持ち家に住んでいると点数が高いという形で評価されていきます。それぞの項目で点数をつけていき、合計点がどのくらいになったかでクレジットカードの審査は決まります。クレジットカードを発行できる顧客か、キャッシング枠やカードの利用限度額は幾らに設定するかも審査で決めます。スコアリングシステムは、コンピューターによる自動計算で結果を出せます。クレジットカードの審査には、きちんとした基準があり、公平に評価されていることが分ります。

クレジットカードの審査基準は会社により異なる

クレジットカードを所持するには審査に必ず通らなければなりません。様々な金融会社のうち、どこでクレジットカードを発行してもらうかを検討してみましょう。具体的な審査基準は、各クレジットカード会社によって色々です。銀行の系列に連なる金融会社による、銀行系のクレジットカード会社は人気があります。審査はやや厳しい傾向にありますが、多くの人が利用している、発行数の多いクレジットカードです。ステータスシンボルにもなるクレジットカードであるといえます。申込みは社会人3年目以降か、他のクレジットカードで返済の実績をつくってからのほうが審査に通りやすいといえます。流通系のクレジットカードは、百貨店やスーパーなど流通業者が固定客を獲得することを目的として発行しているクレジットカードです。発行されている規模はさほど大きくないものの、主婦や学生などクレジットカードの使い道が決まっている人にはお得なカードです。信販系のクレジットカードは、最も多く発行されているといいます。銀行系のクレジットカードの審査に通らなくても、流通系のクレジットカードなら通りやすいようです。信販系とは信用販売に関する金融商品を扱っている会社のことで、自動車ローンやショッピングローンの会社を指します。銀行系ほどではありませんが、ほどほどの審査のきびしさがあります。審査がゆるいクレジットカードを探すのであれば、消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。カード会社によって審査基準はかなり異なるものなので、今の自分の状況に合ったクレジットカードを申し込むことが審査に通るポイントになります。